セルライトを撃退にマッサージが良い理由

セルライトの正しい撃退法

女性に多い理由

セルライトという言葉は、実は辞書で引いても出てきません。
美容業界で作られた言葉と言われています。
太ももや二の腕辺りを両手で摘まんでみると、まるで柑橘類の皮にあるブツブツといった物がセルライトです。
細っとりとした小顔で、デザインによっては服でごまかせるかもしれませんが、実はセルライトがこびりついた太ももの持ち主などという人も多いかもしれません。
このセルライトの厄介なところは、脂肪だけでなく老廃物も含んでいる事です。
老廃物、つまり本来であれば血流にのって体の外に排出されなくてはならないゴミが、セルライトと一緒に皮下脂肪に溜まっているという事です。
また、皮下脂肪は女性にとっては女性らしい体形やしっとりとした肌を保つ為には必要な脂肪でもあります。
その見方でもある皮下脂肪が、なぜ敵になってしまうのでしょう。
それは年齢とともに、あるいは生活習慣が原因で体に不要な老廃物が溜まりセルライトが肌の表面近くに出現。
代謝の悪さが解消されぬまま、時が過ぎれば老廃物は溜まる一方で、またセルライトが出来てしまうという、悪循環になってしまうからです。
代謝が落ち、血液の巡りが悪くなることは、体の色々な場所に悪影響を及ぼします。
血液の流れが悪くなっているので、疲労物質も溜まりやすくなり、疲れが取れにくくなるばかりか、肌や髪もボロボロ、内蔵にまで悪影響を及ぼしかねません。
そのうえ、体の表面にはセルライトがボコボコしていては、何ともやりきれない気持ちになってしまいます。





老廃物の塊でもあります

セルライトが気になるという人は、男性よりも圧倒的に女性に多く見られます。 これは、体の組織的な違いかもしれません。 そもそも、セルライトという意味は皮下脂肪のことで、その中でも大きくなりすぎた脂肪の事をいいます。 もともと女性は男性よりも皮下脂肪が多いので、セルライトも付きやすいのです。

原因を突き止めれば対処も違います

セルライトが出来てしまう人の多くに冷え性の人が見られます。 冷え性、つまり体の末端まで血液が行き届かないという事です。 血液の巡りが悪い、つまり新陳代謝が悪いという、セルライトには好条件な体というわけです。 代謝を良くする為には、いろいろな方法が雑誌やネットで紹介されています。

逆効果になりかねません

セルライトを見つけたら、あなたはまずどんな行動にでますか。 もし、ミカンの皮のツブを潰すような事があったら、即、やめてください。 セルライトの近くにある毛細血管やリンパを壊してしまい、新たなセルライトを生み出しかねないからです。 テレビや雑誌で、マッサージを紹介していますが、これにはコツがあるのです。

TOP